植物

雰囲気の良い庭にしたいなら砂利を敷こう|色々な楽しみ方ができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れずに用意しておくもの

草刈り

顔を保護する道具

草刈をするときには、どうしても草が周りに飛び散ってしまうものです。草刈りをしたことがある人ならば、刈った時に草が体にまとわりついてしまった経験があるのではないでしょうか。体についてしまった草は払うことで落とすことができますが、顔についてしまうと体のように落とすわけにはいきません。顔に草が付いてしまうと、草によって顔が傷ついてしまうことがあります。雑に払ってしまうと切ってしまうこともあるのです。傷口から細菌が入り込んで病院に駆け込まないといけない事態になるかもしれないので十分に注意する必要があります。草刈をするときには、必ず顔を保護するための処置を施しましょう。マスクやメガネ、ゴーグルなどを付けることで飛び散った草から顔を守ることができます。

耳も保護する

草刈をするときには顔だけでなく、耳も保護する必要があります。草刈機を使う場合は、必ず必要となるものなので忘れてはいけません。顔や体の保護ばかりに気を配っていると、耳の保護は忘れがちなので気を付けましょう。耳を保護するときには耳栓が便利です。耳栓を付けることで草刈機からでるエンジンの音を軽減することができます。耳栓の種類によっては完全に防音することもできるので、聴力を低下させることなく保護することができます。草刈には自分の体を守る準備が必要となります。顔や耳をしっかりと保護して怪我や体の機能低下を防ぐことができるのです。忘れがちな部分もしっかりと対策を取って、安全に草刈を行うように心がけましょう。