植物

雰囲気の良い庭にしたいなら砂利を敷こう|色々な楽しみ方ができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

効果と危険

ガーデン

見た目と害虫除け

夏の庭や畑は、雑草でボーボーになってしまいます。そうなると、草むしりを行わなければなりません。草むしりをすることで、庭や畑にとってどのような効果があるのでしょうか。まず、第一に見た目がよくなります。雑草は種類によっては、成長するとかなりの高さになるものもあります。庭にそんな高さの雑草があっては、来客があったときなどに手入れができていないととられてしまいます。草むしりをするだけでも見た目は変えられます。また、土にとっても良い環境となります。雑草が生えてしまうと土に日光が届かなくなり、風通しも悪くなるため、雨の日の後に湿った状態が続いてしまいます。そうなると、害虫等が住みつきやすい土環境になってしまいます。害虫の中には人にとって危険なものもあるため、そのような害虫を寄せ付けないためにも草むしりをして土環境をよくすることが大切です。

妊婦の方は要注意

近年、草むしりなどの園芸作業に健康効果が期待されています。その理由として畑での作業を挙げます。畑作業は土を耕す、種をまく、成長の妨げになる草を除去する、収穫する、という月日をかけた作業になります。これらの作業ひとつひとつは、運動エネルギーをかなり消費できるとされています。そのため、健康効果を期待して園芸作業を始める方も増えています。しかし、気をつけるべきは妊婦さんの草むしりです。多くは屈んで行う作業となるため、妊婦さんにとっては体勢的に苦しくなります。膝や腰にも負担がかかってしまいます。そしてそれ以上に、猫の糞などに潜むトキソプラズマには要注意です。妊婦さんが感染し、胎児へ伝染してしまうと臓器などに異常があらわれてしまう可能性があります。妊婦さんは無理せず、業者へ依頼するなどしましょう。