園芸

雰囲気の良い庭にしたいなら砂利を敷こう|色々な楽しみ方ができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れずに用意しておくもの

草刈を行うときには、体だけでなく顔や耳を保護することが必要となります。刈った草が顔についてしまうと顔に傷が付いてしまう可能性がありますし、草刈機のエンジン音で聴力が低下するかもしれません。しっかりと対策を取って草刈を行う必要があるのです。

お気に入りを見つけて

砂利

それぞれの特徴を見ます

庭に砂利を敷く場合は、しっかりと比較して、庭のイメージにあったものを選びましょう。砂利は、ホームセンターでも購入できますが、通信販売や専門業者から購入することもできます。また、施工についても、自分で行うことも可能ですが、仕上がりの美しさを求めるのであれば業者へ依頼することがおすすめです。砂利の比較は、主に色と形で考えていきましょう。白い色で代表的なものは白玉砂利です。白玉砂利は、白い石灰石を砕いて角を丸く加工してあるもので、その色と見た目の可愛らしさから、和風・洋風の庭を問わずに利用することができます。赤玉砂利は赤褐色の玉砂利で、洋風のレンガなどを使った家によく合い、庭全体を明るい雰囲気にする効果があります。

価格は幅が広いです

青玉砂利は、緑がかった青色で、他の色では出すことのできない神秘的な雰囲気を出すことができます。他には、五色砂利というものがあり、全体に敷き詰めることもできますが、アクセントとして用いることで庭の雰囲気がアップします。これらは、比較的価格の幅が広いことが特徴で、20キロ当たりでは1,000円を切るものから3,000程度のものまでそろえられています。価格の違いは、形のそろい具合や色合いなどが影響しています。また、他にも那智黒石は和風の庭に用いられることが多く、濡れると黒くなることから変化を楽しむことができます。砂利は種類が豊富なために迷うことも多いですが、目的に合わせて比較しながら庭づくりを楽しみましょう。

効果と危険

草むしりには、見た目の改善や害虫除けの効果があります。また、近年は健康効果の期待も大きく、高齢者で園芸や畑作りを始める方も多いようです。しかし、妊婦さんの草むしりは体勢的にも負担がかかりますし、猫の糞などに潜むトキソプラズマの感染を避けるため、業者に依頼することをお勧めします。

植物の癒しの効果

ボタニカルとは、植物学的なや植物のという意味で、部屋の中や庭などで植物を飾ったり育てたりするライフスタイルをボタニカルライフと言います。現在は育てやすい植物も多く、そして購入しやすいため、簡単にボタニカルライフを楽しむことができます。